前を向いて歩こう!

人生は土砂降りだ! 生きてゆくことは、「苦」である。が…凡夫たるわたくしは、ただひたすらに前を向いて進むことしかできないのです…(ー'`ー;)ムムッ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウリハッキョ』観て来ました!

『ウリハッキョ』(紹介ページはここ


( ̄へ ̄|||) ウーム…いろいろな問題を浮き彫りにしている作品だと思います。

現在の日本の多くの学校で忘れ去られてしまった「教育の根幹」が、映画の舞台となった北海道朝鮮初中高級学校には、確かにありました。

まず…学校とは、「教科の勉強をするところ」ではなく、生徒同士あるいは生徒と教員が日常の触れ合いの中で「自己の生き方を模索する」場であるというところです。

そのためには、教員は決して、授業をする人or生徒を管理する人ではなく、一人の人間として生徒と向き合うことが必要となります。

まさに、全人格を生徒にぶつけ、生徒とともに泣いて笑う人間の姿が描かれていました。

小規模校ならばあるいは残っている姿なのかもしれませんが…現在の官僚的学校組織ではほとんど見られなくなった姿です。

北海道朝鮮初中高級学校の教員団は、本当に尊敬に値すると思います。



また…いまだ在日朝鮮人差別が根強いことも描かれています。

拉致問題・核実験などなど…確かに日本と朝鮮民主主義人民共和国との間にはさまざまな問題があり、良い感情を持っていない、あるいは(一部メディアの報道によって)持たされていない人も多くいるでしょう。

しかし、それと朝鮮学校やそこに通う生徒たちは無関係のはずです。

にもかかわらず…「お前んとこの生徒一匹殺してやる!」という脅迫電話がかかってきたり、修学旅行に向かう生徒に向かって「〇〇を返せ!」と叫んでみたり…およそ正気の沙汰ではありません

同じ日本人として、彼ら(彼女ら)の行動・言動が恥ずかしいですね。


もう一つ…

生徒たちの純粋さにも驚かされました。

「自分たちは日本で暮らしているから、内面だけを大切にしてもダメだ。外面から大切にしないと、やがて内面までも侵食されて民族性と失ってしまう」

こう話していた生徒の言葉が耳に残っています。

こういう感覚を持った在日の高校生が、いま果たしてどれだけいるでしょうか?

20年ぐらい前までは、確かにたくさんいました。

が…「はぁ? 別に日本人じゃろうが在日じゃろうが関係ないじゃん。差別なんて感じてないしぃ~( ̄ー ̄)ニヤリッ」

こういう感覚の生徒が多くなっているように感じています。

20年前の高校生でも、同じようなことをいう子はいました。

しかし、明らかに切迫感が違います。

20年前の生徒は、「そうは言っていても…本音は…」というようなことが見て取れていたのです。

それが、最近の高校生には見えません…幸か不幸か…何の屈託もなくそう言える(ように見えてしまう)のです。

確かに、20年前に比べれば本名の日本語読みや本名で中学・高校に通っている生徒は増えてきています。

そこに、かつてほどの違和感はありません。

本名を名乗ることを「本名宣言」と呼んでいた…そんな感じはもうない。

それが良いことなのか悪いことなのか…いろいろな考え方があると思います。

が…「関係ない」という言葉には、わたしは今も昔も変わらず違和感を持っています。

それが…同化を求める日本社会や、「同和」教育を捨てた現在の教育の責任でなければ良いのですが…。


広島では、かつて人権教育を実践されていた先生方が、そろそろ大量に定年退職されます。

1998年の文科省是正指導以降、広島では「同和」教育・平和教育=悪というレッテルが貼られてしまいました。

そのせいで、40代以下の教員は人権教育の「じ」の字も知らない人が多いでしょう。

これからの児童・生徒たちは不幸だな…そう思っているのはわたしだけではないはずです。

いつか本当の意味での「人権教育」が必要になるその日まで、感性を腐らせないようにしよう…

そう改めて誓った初秋の日曜日でした。


『ウリハッキョ』 良い映画です。皆さん、ぜひご覧ください。







キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
ただ今、『人気ブログランキング』へ参加中です。
「その通り!!」と思った人もそうでない人も、よろしければ「ポチッとなぁ~」とクリックをお願いしますm(_ _"m)ペコリ
 ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

記事転載希望

「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログを管理しているKともうします。とほほさんのブログのトラバ経由でこちらのブログを拝見いたしました。
私どものブログに「観客が見た『ウリハキョ』」というコーナーがあるのですが、そこでこちらの記事を紹介させていただくことは可能でしょうか。
よろしくご検討ください。

  • 2007/09/11(火) 06:44:02 |
  • URL |
  • K #I9hX1OkI
  • [ 編集]

はじめまして!

Kさん、はじめまして。こんにちは。ようこそお越しくださいました。

はい。このような拙稿でよろしければご随意に転載してください。

拙ブログは更新が滞りがちで、なおかつおバカネタもありますが、お暇な時はお立ち寄りくださいm(_ _"m)ペコリ

  • 2007/09/11(火) 14:23:41 |
  • URL |
  • Combattler-V #H2DFVIt2
  • [ 編集]

ウリハッキョ

返信の仕方が分からず、とりあえずこのような形でメールします。
「ウリハッキョ」とてもいい映画でしたね。3年間で監督がいかに生徒や先生たちと信頼関係を築いてきたかがよく分かる映像で、生徒や先生の普段の顔が垣間見られて、まさに学校の本来あるべき姿のような映画でした。
印象的だった場面は担任の発表があった時に、生徒が歓声を上げて喜んでいたことと、サッカーの試合で負けて、生徒が涙をぼろぼろと流していたシーンです。学校生活では誰でも経験する担任との出会いやクラブ活動といった何気ない場面から、在日コリアンで生きることはどういうことなのか、また誇りなどが伝わってきました。生き方を学ぶ場としても学校があるということを、あたらめて考えさせてくれました。
一方でやはりこの学校は普通ではいられないということも実感しました。在日コリアンであるがゆえに「子どもたちを殺す」と脅しの電話をかけてくる男性がいたり、修学旅行に行くため乗った船に反対する姿があったり、日本の学校いいえ、ひょっとすると世界中のどこの学校にもないかもしれません。こういう一面が日本の一つの姿であることは、日本人自身がしっかりと受け止めてるべきだと感じました。ではまた。

  • 2007/09/12(水) 15:15:02 |
  • URL |
  • その #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://combattlerv.blog80.fc2.com/tb.php/53-646993e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウリハッキョ

>韓国人の映画監督が北海道朝鮮初中高級学校に滞在して撮影したドキュメンタリー映画「ウリハッキョ」は、なかなかいい映画でした。>http://urihakkyo.blog105.fc2.com/本日、鑑賞してまいりました。在日の問題は横においておいたとしても現代日本教育に何が欠けてい

  • 2007/09/10(月) 20:33:00 |
  • とほほブログ

特措法延長にクビを賭ける?

 総理大臣というのは、国民が選んだ国会議員の中から選ばれるのであり、責任を負う相手は国会、そして国民しかないはずである。ところが、安倍首相はあろうことかインド洋上での自...

  • 2007/09/10(月) 20:49:51 |
  • A Tree at Ease

竹中平蔵が戻ってくる? まさか、と思いたい

山本一太参議院議員や世耕前 総理大臣補佐官らが怪しい動きをしていますね。 山本氏はブログで次のように述べています。「来週、有志議員による「新たな勉強会」を立ち上げる...

  • 2007/09/10(月) 21:29:22 |
  • とむ丸の夢

日本人学校の最新情報!

学校へ行きたい!より学校の最新情報をご紹介!『ウリハッキョ』観て来ました!現在の官僚的学校組織ではほとんど見られなくなった姿です。 北海道朝鮮初中高級学校の教員団は、本当に尊敬に値すると思います。 また…いまだ在

  • 2007/09/11(火) 02:26:00 |
  • 学校へ行きたい!

ウトロをご存知ですか?

強制退去危機のウトロ在日朝鮮人KIN 地球村同胞青年連帯カ、ナ、ダ、ラ・・・(朝鮮語のアルファベットのようなもの)60年前、ウトロの学校で ?(カ)の字に ?をつければ ?(カク)         ?をつければ ?(カン)自分たちの言葉や文字を習った・・・ファン・スンレ

  • 2007/09/11(火) 13:00:00 |
  • 薫のハムニダ日記

ウソをつくのがうまい人

日曜の朝、なにげなくTVをつけると、三宅某が、徳光アナが、いろいろ言ってます。 話題は自民党総裁選。 ご丁寧に、忘れるほど昔の「角福戦争」まで引き合いに出したナレー...

  • 2007/09/16(日) 19:27:17 |
  • とむ丸の夢

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。