前を向いて歩こう!

人生は土砂降りだ! 生きてゆくことは、「苦」である。が…凡夫たるわたくしは、ただひたすらに前を向いて進むことしかできないのです…(ー'`ー;)ムムッ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム安倍の〝教育再生〟は、やっぱり低レベル!

教育再生会議は、今月下旬に取りまとめる第1次中間報告に、「イジメなど反社会的行為を繰り返す児童・生徒への〝出席停止〟措置を明記する方針で一致した」ようです。一度は見送られていたのですが、「政権浮揚のためにも教育改革への取り組み姿勢を強調したい安倍晋三首相の意向で復活した」みたいですね。(MSN毎日インタラクティブより。記事全文はこちらを参照してください。)



もう…教育を政治の道具にするのは止めてもらいたいですね。被害をこうむるのは子どもたちと日本の将来です。

「国家による教育統制を強めれば教育は良くなる」とか「イジメはなくなる」なんてプロパガンダにはうんざりです。


もう何度も言っていることですが、イジメた児童・生徒を出席停止なんかにしても、イジメはなくならないですよ。


まず…「反社会的行為をくり返す児童・生徒への出席停止措置」は、いままでも行われてきたことです。

ただし、あくまでも緊急避難的にです。

なぜならば、当該生徒を排除しても問題の根本的解決にはならないからです。

イジメを受けたのが児童・生徒であるのならば、イジメをしてしまったのも、また児童・生徒なのです。

どちらか一方を切り捨てる方法をとるのならば、それはもはや教育的取り組みとは言えません。

それを、さも「教育現場は今まで何もやってこなかった」「だから安倍政権の〝教育再生〟が必要なんだ」と言わんばかりのパフォーマンスは、いままで熱心に児童・生徒に関わってきた現場の教員たちを愚弄するものです。

聞けば聞くほど…見れば見るほど、本当に気分が悪いです。


また、現在の教育現場は非常に官僚的になっています。つまり、上意下達が当たり前の世界です。

その中で、「上意」として「いじめなど反社会的行為を繰り返す児童・生徒への〝出席停止〟措置」が通達されればどうなるか?

評価や処分に脅える現場の教員は、「イジメの発生(発見) 即〝出席停止〟にしなければならない」と認識し、過剰に反応してしまう危険性があります。

それは、「同和教育に関する〝特別な〟取り組みはする必要がない」という文科省の通達以後、「同和教育・人権教育・平和教育に関する取り組みは一切してはならない」と過剰に反応した広島県教育委員会(広島県の教育)を見ていれば、容易に想像がつきます。


また、周囲でイジメを煽っていた児童・生徒や、イジメを見て見ぬ振りをしていた児童・生徒は加害者ではないのでしょうか?

イジメや差別というものには、2つの立場しかあり得ません。

それは、「差別(イジメ)をする立場」と「差別(イジメ)を許さない立場」です。

にもかかわらず、直接手を下した児童・生徒だけを処分してそれ以外の児童・生徒が「お咎めなし」では…まったく問題解決になっていません。

「イジメられた児童・生徒」にとっては、イジメを放置してきた他の児童・生徒も同じくイジメの加害者なのです。

イジメられていた児童・生徒が、加害者の残る教室に戻ることができるでしょうか!?


もし仮に、学校内で差別事象(イジメ)が起これば、まず断固として差別されている(イジメられている)生徒を差別(イジメ)から守ることが何よりも重要です。

その後、事実確認 指導の順で取り組みは行なわれるべきなのです。

その過程の中で差別(イジメ)の背景をえぐりだし、児童・生徒を差別(イジメ)をされる・するという呪縛から解放することができるのです。

教育再生会議の提言には、「差別(イジメ)をする児童・生徒もまた被害者なのである」という視点が、決定的に欠けています

「そんな人権教育のイロハも知らないヤツらが大仰に提言などするなっ!」と声を大にして言いたい!!


まさに、これは…1999年に携帯メールを使った差別事件が実際に報告されているのにもかかわらず、さも「新たなイジメの実態としてメールを使った事象がある」などと昨年末に職員研修を行なった広島市教委並みの茶番です。

こんな茶番をする暇があったら、現場で差別(イジメ)の呪縛に苦しむ児童・生徒をひとりでも多く救ってくれ!!!!

あぁ…↓ ホント…頭にくる!!(-_-#)


断言します。チーム安倍の〝教育再生〟ではイジメはなくならない!

逆に「臭いものにフタ」をするだけで何の解決にもならないし、絶対に日本の教育は良くなりません!!


そもそも、社会では当たり前のように差別(イジメ)が起こっているのに、「学校でイジメをしたら〝出席停止〟」というのは、児童・生徒に対してまったく説得力がありません。

本気で取り組むのならば、まず社会のあり方から根本的に問い直すべきなのです。

それができるのが〝政治〟というものではないでしょうか!?





日本国憲法並びに教育基本法の改悪に断固反対します!!!!




キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
ただ今、『人気ブログランキング』へ参加中です。
「その通り!!」と思った人もそうでない人も、よろしければ「ポチッとなぁ~」とクリックをお願いしますm(_ _"m)ペコリ
 ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

その通りです!!

Combattler-Vさん、おはようございます!
TBありがとうございました!
本当にその通りですね。
今日ご紹介させて頂きました。
今年もよろしくお願いいたします♪

  • 2007/01/13(土) 09:16:37 |
  • URL |
  • さき #xkrvUG2I
  • [ 編集]

いじめる側にも目を向けて。

こんにちは。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今回のお題もいいお話でした。

いじめる側もなんらかのイライラと、イライラのほんとうの原因(大きくは学校の成績で輪切り)をなくせはしない、という無力感を抱えているのではないか、と自分の小学校・中学校のことを思い出して考えています。

さきさん、こんばんは!

ご無沙汰しております。こちらこそ、今年も宜しくお願いしますm(_ _"m)ペコリ

拙ブログの怒りにまかせたエントリーをご紹介くださいまして、ありがとうございました。もう…あったまにきすぎて、頭痛がします(-_-#) こんなことで負けていられませんね。現場で全力を尽くします!

  • 2007/01/13(土) 23:40:42 |
  • URL |
  • Combattler-V #-
  • [ 編集]

ぶっさん@高知さん、こんばんは!

ご無沙汰しています。こちらこそ、今年も宜しくお願いしますm(_ _"m)ペコリ


「差別(イジメ)は社会構造がもたらす」という重要な視点が、彼らには欠けているのです。この視点を政治が持たなくてどうするのか!? なんていうのが正直な思いなんですけど…。どんどん必要なことは言わんとあかんですね。

  • 2007/01/13(土) 23:44:01 |
  • URL |
  • Combattler-V #-
  • [ 編集]

原因を考えてから

はじめまして。
記事に同感です。「出席停止」にしてもいじめがなくなるとは思いません。
なぜ、いじめが起きるのか、その原因を考えることもせず、処分を考えるのは教育的とは思えません。高校受験を前にした中学生や私立受験の同級生の知ってるコールに劣等感を持たせられる小学校高学年の子供の心をまず考えてほしいのです。

  • 2007/01/13(土) 23:44:17 |
  • URL |
  • あくつ真矢 #-
  • [ 編集]

あくつ真矢さん、こんばんは!

はじめまして。ようこそお越しくださいましたm(_ _"m)ペコリ

イジメの原因の一つに、確かに学力というものもあると思います。しかし、どこの学校でも、まず「学力ありき」という取り組みが当たり前になっていきます。このまま学校選択制や教育バウチャー制度が本格的に導入されて公立と私学が生徒を奪い合うようになれば、なお一層「学力に偏重した学校」が確実に増えていきます。そういう面で言うと、イジメの原因はなくなりません。こういう観点での議論もまったくなされていない〝教育再生会議〟は、やはり茶番であると感じてしまいますね。
それでも、現場は目の前の生徒に全力で関わるしかありませんから…諦めずに前を向いて歩いていきたいと思います。

あくつさん、またご意見をください。宜しくお願いしますm(_ _"m)ペコリ

  • 2007/01/13(土) 23:54:31 |
  • URL |
  • Combattler-V #-
  • [ 編集]

出席停止ねえ・・・

自分のblogでも少し述べようと思いますが、
同級生はいじめ事件に何らかの形で85%が関わっている。81%がいじめを支えている。
48%が積極的にいじめに関わっている・・・そんな学術研究結果報告があるようです。

学校が成り立たないですね。これじゃ。
有識者は一体どんな知識と経験を有しているのでしょうかね。

  • 2007/01/17(水) 16:48:24 |
  • URL |
  • なかまた #-
  • [ 編集]

なかまたさん、こんばんは!

なかまたさん、初めまして! ようこそお越しくださいましたm(_ _"m)ペコリ


>有識者は一体どんな知識と経験を有しているのでしょうかね。

同感です。目に見える〝うわべの秩序〟というものが大事で、物事の本質を見るということはどうでも良いのでしょう。そうとしか思えません。
彼らが言っていることは、「お上に従え!」ということだとわたしなりに解釈しています。それこそが差別だということに気づかない限り、彼らにイジメへの対応は絶対に無理です。


拙ブログはおバカなことも書きますけど、たまにマジメなこともエントリーしていきます。今後とも宜しくお願いしますm(_ _"m)ペコリ

  • 2007/01/18(木) 23:21:06 |
  • URL |
  • Combattler-V #H2DFVIt2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://combattlerv.blog80.fc2.com/tb.php/37-3940ad57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残業代ゼロ法案今国会提出?----過労死して靖国で会おう

 この法案にふさわしい名前は何なのだろう。ちょっといいのが浮かばない。1. 残業代ゼロ法案2. ただ働き法案3. 強制労働法案4. 日本人奴隷化法案5. 過労死して靖国で会おう法案・・・・ 塩崎官房長官は11日午前の記者会見で、一定の条件を満たした会社員を労働時間

  • 2007/01/13(土) 00:52:29 |
  • とりあえず

国によるいじめ もしくは 血も涙もない「美しい国」

るかさんの「言ノ葉工房」でふれられていて、気になっていたニュース。これがそうなのか...。*******引用開始********「アサヒ・コム」から2007年1月12日(金)11:16国外退去処分が確定している群馬県高崎市のイラン人、アミネ・カリルさん(43)の一家が12日、国外 ..

  • 2007/01/13(土) 01:00:21 |
  • 秘書課村野瀬玲奈です

「差別語のこと」…?足がない?とか?障がい者?とか

 よく聞く言葉で、どうしても気になってしまうのが「足がない」である。 どこぞに行く時、またどこぞから帰る時など移動する「車」がないという意味で使われる、あれである。つまり「車」を「足」と言い換え表現しているわけだ。しかしなぁ、たかが車の都合がつかないくら

  • 2007/01/13(土) 10:47:01 |
  • dr.stoneflyの戯れ言

納豆を買いに走る人々

テレビの情報を信じている人々にどうやって本当の情報を伝えるか、本当に難しい。昨日の夜、この2、3日の新聞をまとめ読みしていて次のようなお詫びの広告を見つけた。

  • 2007/01/13(土) 20:29:22 |
  • あんち・アンチエイジング・メロディ

安倍晋三内閣を分析すると

メロディさんのブログ「あんち・アンチエイジング・メロディ」に紹介されているように、私は最近いろんな方のブログにお邪魔しては、コメントを残すことが多い。半ばキーボードを打つ指が勝手に動く状態で、内心の衝動に

  • 2007/01/14(日) 11:57:10 |
  • きまぐれな日々

戦争の裏には何が?

……小学校から大学まで、人と時間をかけて、学校と共同しながら、金融教育に取り組んでいます。 より良い未来をつくる金融であるために…… めったにテレビを見ないので、こうした金融教育のCM

  • 2007/01/14(日) 12:26:18 |
  • とむ丸の夢

立憲主義への理解

自分のブログ管理に手一杯で、記事が書けないぞ~とか思いつつ、今朝、デスクトップを開こうとしたら・・・・・・・開かない(T_T)・・・前々から起動時に調子悪そうに動いていたのですが、それ以外は特に問題も見あたらないので放置していたのがまずかったか・・とりあえず

  • 2007/01/15(月) 15:16:14 |
  • お玉おばさんでもわかる政治のお話

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。